リクルートのキャリアと資産形成

「出会えて良かった」を合言葉に。リクルートでの働き方情報を社員目線で発信する5分読み切りブログです。

【11/22-11/26】リクルート20代正社員の働き方振り返りとQ&A 

「出会えて良かった」を合言葉に
こんにちは、リクルートメンター domです。

本ブログでは、私の1週間の働きや最新のリクルート情報、また入社後の資産形成の過程などについて発信しています。

リクルートで働くことについて、あなたの疑問・不安の解消を目指しています。

是非過去記事も併せて読んでみてください。では今週もよろしくお願いします。

white and brown tiled hallway

 

  本日のアジェンダ

【自己紹介】
【今週の働き】
【社員によるリクルートHPのプレスリリース記事紹介】

リクルートの最新情報】
【今週のおすすめ記事】
【他の就活生から出遅れてるかも? 絶対に登録すべき逆求人型サイトについて】
【今週のリクルートQ&A】

-------------------------------------------------------------------------------------

【自己紹介】

 ・20代リクルート社員 (プロパー)

 ・コロナに乗じて土日を使い、昨年簿記2級を取得.

 ・年間の読書量は60冊程度、良書を発信

 ・20代で1000万円の株運用を目指す ※.現在470万円を運用中

 ・30歳までに年収1000万を稼げる人材になる

 ・45歳までにFireしてやりたいことを我慢しない人生にしたい

 ・そして、リクルートに興味があるあなたのメンターになりたい

-------------------------------------------------------------------------------------

three persons sitting on chair beside table

【今週の働き】

 ・一日の平均労働時間は9時間 (先週10.2時間)

 ・今週は火曜日の祝日のタイミングに有給を重ね、連休を取得

 ・毎年有給は10-15日ほど付与されるものの、昨年まで使い切れていないため今年は意識的に消化

 〈11/22-11/26 勤務状況・出社状況管理図〉

f:id:documental:20211128183413p:plain

-------------------------------------------------------------------------------------

printing machine
【社員によるリクルートHPのプレスリリース記事紹介】

【締切間近11/29〆】wow! BASE×じゃらんリサーチセンター×マチリク 事業立案プログラム

〇Topics

・地域のリアルな課題に向き合い、その課題を本質的に解決する企画を考える事業立案プログラム

リクルート社員や、地域関係者に対して、企画の相談やヒアリングをしながら2週間で実施

・優れた起案内容については、翌年度施策の実現プロセスに参画できる可能性もあります

〇おすすめポイント

・リアルな課題と関係者に向き合える

 └舞台となる3地域で、リクルートとマチの企業、地域行政らが実際に支援し、リアルな課題に向き合う

・刺激的な仲間・地域の方々・社員メンターとチームで立案

 └2週間の間、2-3名の超少数精鋭のチームで成長の機会として主体的に取り組んでいただく

・事業立案プロセスを学び、実践することで実現可能性を向上

 └『Ring』で使用される検討フレームやナレッジ、課題設定などの考え方を今回特別にインプット

------------------------------------------------------------------------------------

リクルートの最新情報】

 4月...国内7社をリクルートに統合.:人事制度や年間休日を増やすなど、起業体制を大きく変化

   『SUUMO』予約管理をシンプルにするWebサービスAirリザーブ」の取り扱い開始

 7月...第1四半期決算発表:世界的な採用需要の高まりからIndeed等のHRの売上が好調(増減率:148.9%)    

    個人の資産形成を支援するための情報サイト『スゴい!投資運用の商品探し』をオープン

 9月...デジタル口座管理・決済ができるサービス『エアウォレット』を21年度冬に提供開始

 11月...第2四半期決算発表:1Qに引き続きIndeedなどのHRの売上が好調(増減率:107.3%)

    └それに伴い、株価は11/15に最高の8,071円に (21/11/22は7,円)

 

リクルートホールディングス 決算/各種レポート

https://recruit-holdings.com/ja/ir/financials/

------------------------------------------------------------------------------------

【今週のおすすめ記事】

・社員が選ぶ、リクルート入社前後のギャップ3選

リクルートに入社する上で、入社前後で感じたギャップ3選についてまとめました。是非あなたの想像と食い違うポイントがないか確認してみてくださいね。

-------------------------------------------------------------------------------------

【就活は学歴じゃない】あなただけのガクチカであの企業の特別選考に、失敗しない就職活動

就活は学歴だけで決まりません。もしそうであれば、東大や京大の学生も必死になって就職活動をしないでしょう。内定を勝ち取る戦略の中で、重要なポイントの1つが競争相手がより少ない特別選考で進むことです。私domが就活をしていた当時は、特別選考を獲得するために以下の逆求人サイト全てに登録し、毎週1-5件ほどスカウトをいただいていました。まずは実際に使ってみて、企業の閲覧数や特別選考のスカウトが貰ってください。あなたのライバルに1歩も2歩もリードできることをお約束します

 

【逆求人型サイトのメリット】

 ・1度登録するだけで、就活が終えるまで企業側から自動で特別選考のお声がけを貰える (株と同じ)

 ・他の逆求人型サイトにも、同じ内容で登録をすることで簡単にスカウトの確立を2倍3倍と広げられる

 ・NTTデータオリエンタルランドなどの大企業から、勢いがあるベンチャーまで幅広い企業が登録

 ・載せるエピソードを作りこむ中で、ESの内容や面接での回答がよりシャープになる

 ・企業側の閲覧数やスカウト数の推移を見ることで、就活のモチベーションになる

 ・逆求人型サイトを通して内定をもらった場合、お祝い金(5,000~30,000円)を貰えることが多い

【デメリット】

 ・最初の登録が大変 (設問の関係上、ESの内容を100%コピペして作れるわけではない)

 ・定期的に確認しないとスカウトを見落としてしまいやすい

 

早速、お勧めの逆求人型サイト3選をお伝えさせていただきます。

※サイトに乗せるガクチカなどの添削も、空き時間で対応させていただきますのでコメントやDMでご連絡くださいね

新卒採用オファー受信率98%【dodaキャンパス】 

・ベネッセが運営する逆求人型サービスであり、最大の特徴は登録している企業の豪華さである。

f:id:documental:20210905131642p:plain

・一度登録すれば、あとは勝手に企業からオファーが届くため効率性がとても高く、また実際に私の時も有名なところからオファーを本当に頂けたため、疑い半分であっても是非登録してほしい。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

会いたい学生に会える『キミスカ』 株式会社グローアップ | HRプロ

② キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

・株式会社グローアップが運営する同じく逆求人方サービス。dodaに比べて、登録企業は少ないと思われるが「NTT」や「住友不動産」、「ニトリ」などの大手がいるため、検討の余地は十分にあると思い、domも使っていました。キミスカならではの学生分析を行い強み・弱みが分かる他、dodaで作ったアピール内容を転用できるところが強み。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

・株式会社i-plugが運営する同じく逆求人型サービス。著者が一番お勧めしたいのがこちらである。何と言っても、登録企業数が6,260社と多くかつ大企業からも本当にオファーが来るため学生は必須の登録サイトである。超大手企業からスカウトが来る?OfferBox(オファーボックス)の実際のスカウト状況と感想を大公開! |  マコプレス|ハイキャリアを目指す若手社会人・学生のためのブログ著者はofferboxからのスカウトでインターンや本選考で優遇を受けたため、実体験から強くお勧めしています。上記3サイトは必ず登録をして、オファーが来るように自己PR文を工夫していくことで本選考におけるESや面接時のトークスキルがしてない場合と比べて格段に成長を目指しましょう。

  

 

-------------------------------------------------------------------------------------

people sitting on chair in front of table while holding pens during daytime【今週のリクルートQ&A】

企業として自慢できることや他社にない特徴は何だと思われますか?

→新卒が入社する会社として、自慢できるポイントは大きく3つだと思います。

 1つ目は仕事上で圧倒的な裁量権を持つことに伴う成長スピードの速さです。私の部署では1人が複数の業務を抱えることは珍しくなく、それは1年目の新人も同様です。加えて業務設計が不十分なものも多いため、限られた勤務時間内で信じられないほどの成果を求められることから否が応でも思考し、行動・反省し、成長せざるを得ないです。ただし、勤務時間が伸びてしまい自分の時間が作れなかったり過剰な負荷に耐えられず離職する人も一定数いますが、私の場合は上長にAに集中したいので他のタスクの関与割合を調整してくださいなどを進言して負荷を調整しています。

 

 2つ目は給与の高さです。1年目から400-500万円ほど貰えるため、平均的な250-300万円を優に超えます。加えて800-900万円ほどまでの昇給スピードも速く、働くモチベーションとなり得やすいです。流石に商社やコンサルなどと比較するとそれほど高給取りではないものの、一般的なメーカーなどと比較すれば十分に給与は良いと言えそうです。一方、リクルート年功序列ではなく成果主義であるため求められた成果を出すことが前提になることに注意です。(とはいえ普通に取り組んでいれば、期待される成果を出すことは難しくないです)

 3つ目は過去記事の引用となりますが、圧倒的な年間休日です。4月から社内制度が代わり、年145日の休暇日数、"週休2.8日"となっています。これに伴いリクルートで働く時給単価が向上しており、より働く意欲になっています。大手企業がこぞって年間休日125日や130日と言っている中で、更に20日の自由に使える時間を貰えるのはリクルートの魅力だと自信を持って言えますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

疑問点や相談など、是非お気軽にコメントやDMくださいね。

是非以下の記事も読んでいってくださいね。

 

【最新の資産額状況 / リクルートの資産運用】
商社/コンサルほどの1000万を超える高年収でなくても資産形成ができることを発信中
積立NISAを併用しながら20代で1000万円の株運用を目指しています ※.現在500万円を運用中
保有銘柄から、ついにダブルバガー(株価が2倍になる)銘柄が誕生
含み益がついに130万円を突破しました!