リクルートのキャリアと資産形成

「出会えて良かった」を合言葉に。リクルートでの働き方情報を社員目線で発信する5分読み切りブログです。

【リクルート入社の配属リスク】リクルートでは希望部署に配属されるのか

こんにちは、あなたのリクルートメンター domです。

こちらでは私の1週間の働きや最新のリクルート情報、またお勧めの本などについて発信しています。

リクルートで働くことについて、少しでもあなたの疑問・不安の解消を目指しています。

是非過去記事も併せて読んでみてください。では今週もよろしくお願いします。

「こんなはずじゃなかった。」新卒配属ガチャ問題とどう向き合うか 本日のアジェンダ

【自己紹介】

リクルートの配属方法】

【最も配属されやすい部署】

【グループ会社に転籍希望を出せる、社内公募制度(キャリアウェブ)】

【まとめ】

 ----------------------------------------------------------------

【自己紹介】

 ・20代リクルート社員 (プロパー)

 ・コロナに乗じて土日を使い、昨年簿記2級を取得.

 ・年間の読書量は60冊程度、良書を発信

 ・夢は20代で1000万円の株を運用し爆益を出す. 現在500万円を運用中

 ・45歳までにFireしてやりたいことを我慢しない人生を目指しています

-------------------------------------------------------------------------------------

本社機能を備えた新拠点「六本木オフィス」を開設 | Indeed Japan 株式会社 キャリア採用サイト

リクルートの配属方法】

「性別や年齢、出身校や学部・学科と、リクルートで活躍できるか否かは無関係。データから外しました」(2018.12.5 参考サイトより)

 リクルートは人を見ることを大事にしてきた会社であるが、配属マッチングは属性データを元に決定されているようだ。具体的にはSPI(適性検査)とFFS(ストレスと人と人の関係性を見る検査)のデータを元に、"活躍確率"をスコア化し、マネージャーのFFSと照らし合わせて配属をさせている。

 参考のサイトでは更に深い、2段階の「安定マッチング」を用いていることが挙げられている。第1段階では、領域ごとに最大の配属数を設定し、活躍確率の高い人を機械的にマッチングさせる。第2段階では、領域ごとのグループ人数上限や各エリアのマネージャーのFFSと内定者のFFSを考慮してマッチングさせて決定している。

 ここで重要なことは、新卒者本人および部署からの指向性は極力排除していることだ。その為に、リクルートでは配属希望部署を考えるよりも、望まない部署に配属されることの方が重要だと思われる。   

 

※筆者の肌感では上記は正しいが、下記2つの特徴が追加であるように感じられる。

・配属面談で志望する部署への配属はかなり難しい(リクルートは個人の意思と同じく可能性も重視するため、キャリアパスは考えたうえで別の部署に配属させることがある。その為、配属面談の発言は重要だ)

・一部部署ではそこが希望する条件の人材を取っていると思われる。

上記2点から、私は配属面談とまったく違う部署で現在働いている。


【最も配属されやすい部署】

新卒のあなたが最も配属されやすい部署はやはり"営業職"だと思われる。これはOpenWorkの新卒入社(入社形態)で絞った際の回答割合からも分かるかと思う(部署/営業の口コミ数:614/1341)。そのため、リクルートで力をつけたいと考えてもまずは営業職に配属になった際に致命的でないかは考えておく必要があるだろう。また、今年の4月から旧中核会社がリクルートに統合されたため、よりどこに配属されるかは見通しを立てづらくなっている。ただどこに配属されたとしても、あなたの意志は問われ続けるし、それによって業務内容や部署異動が決定されるため必要以上に悲観するようなことも少ないだろう。

※筆者の肌間でも、同期のほとんどが営業職に配属された。その割合は半分を優に超えるかと思うが20%ほどはスタッフ職に配属されるらしい。

https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000s1mgI

 

【グループ会社に転籍希望を出せる、社内公募制度(キャリアウェブ)】

リクルートは「個の尊重」を経営理念として掲げているため、社員が自らの意志で職域を選択し手を挙げることができる制度、キャリアウェブを用意している。この社内公募制度では募集するポストに対して、従業員がまるで就活のごとく面談を行い双方が合意すると異動することができる制度だ。実際の募集要項では、会社・部署・必要とするスキル・ミッショングレードなども書かれており、その条件にマッチする人材が手を挙げることができるようになっている。

なお、新卒の場合は入社3年目以上、中途入社は年次を問わず、募集があれば応募することができる。また、転籍という扱いになり、移動先の人事制度が適用されるが、ミッショングレードや報酬が必ずしも維持されるわけではないため注意が必要だ。

リクルートの事業内容

-----------------------------------------------------------

【気にならない? 私が就活で実際に使っていたサイトについて】

・近年転職などでもヘッドハンティング形式が主流になりつつあり、それは新卒就活でも確実にポピュラーになってきています。私もヘッドハンティングのサイトに登録し、いくつもの企業からお声がけをいただき自信に変えていきつつ、同時に自分の見られ方・他者へのアピールを何度も考えるきっかけになりました。この力は結局、自身が希望する本命への就活において必ず役に立つため、就活の効率化と併せて是非登録してみてください。

新卒採用オファー受信率98%【dodaキャンパス】 

・ベネッセが運営する逆求人型サービスであり、最大の特徴は登録している企業の豪華さである。

f:id:documental:20210905131642p:plain

・一度登録すれば、あとは勝手に企業からオファーが届くため効率性がとても高く、また実際に私の時も有名なところからオファーを本当に頂けたため、疑い半分であっても是非登録してほしい。

 

② キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

・株式会社グローアップが運営する同じく逆求人方サービス。dodaに比べて、登録企業は少ないと思われるが「NTT」や「住友不動産」、「ニトリ」などの大手がいるため、検討の余地は十分にあると思い、domも使っていました。キミスカならではの学生分析を行い強み・弱みが分かる他、dodaで作ったアピール内容を転用できるところが強み。

大手からベンチャー企業まであなたにオファーが届くスカウト型就活サイト【OfferBox】

・株式会社i-plugが運営する同じく逆求人型サービス。著者が一番お勧めしたいのがこちらである。何と言っても、登録企業数が6,260社と多くかつ大企業からも本当にオファーが来るため学生は必須の登録サイトである。超大手企業からスカウトが来る?OfferBox(オファーボックス)の実際のスカウト状況と感想を大公開! |  マコプレス|ハイキャリアを目指す若手社会人・学生のためのブログ著者はofferboxからのスカウトでインターンや本選考で優遇を受けたため、実体験から強くお勧めしています。上記3サイトは必ず登録をして、オファーが来るように自己PR文を工夫していくことで本選考におけるESや面接時のトークスキルがしてない場合と比べて格段に成長を目指しましょう。

  

----------------------------------------------------------

【まとめ】

リクルートに入社した際の配属リスクについて述べてきました。結論、ほとんどの新卒入社は営業に配属されるため、営業が絶望的な人には向いていない会社であると言える。また、希望部署に配属されることは難しく、配属面談で工夫をしたりキャリアウェブでの転籍を目指すことが現実的だと考えられる。また、直近にあった旧中核のリクルートへの統合も追い風となり、どこに配属されるかはより想像しがたくなっている。ただ、どこに配属されようとも聞かれることは"あなたの意志"であり、それによって業務内容やキャリアも作られるため、必要以上の悲観は不要だと考えられる。

採用情報 | リクルートライフスタイル

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントやtwitterでの相談やFBについて、いつでもお待ちしております。